自分がしたいこと

手持ち無沙汰になるとついつい見てしまうスマホですが、手軽に使えるからこそいつでも、どこでも好きに使っていいというわけではありません。
外で使用すれば、必ず第三者が近くにいますし、家の中でも家族がいますね。
使う事自体がマナー違反になったり、機能的に人に迷惑をかけてしまう事もあります。
あなたは時と場所、状況を確認して使っていますか?
スマホの普及率が高くなって、今では小学生も保有している時代です。
また、機械本体の技術の向上も目覚ましく、スマホさえあれば何でもできてしまうようになりました。
一昔前なら、一人一人が電話を保有するなんて考えられませんでした。
便利な機能を搭載したうえに、ゲームや買い物までできてしまう、まさに魔法の機械ですね。
必需品ともなっているスマホに振り回されるのではなく、上手く使いこなす付き合い方が大切になってきます。
また、スマホのマナー違反は、単に周りに迷惑がかかるだけでなく、状況によっては重大な事故を引き起こすこともあります。
思いがけず事故の加害者になることは、自分だけでなく被害者のその後の人生も左右する深刻な問題です。
皆が当たり前に持っているものだからこそ、一度自分のスマホマナーを見直してみてはいかがでしょうか。
周りの人だけでなく、インターネットで繋がっているその先にいる人の事も考えながら、使用できるのが理想です。
一人で使うけれど一人じゃない、それがスマホです。
どんなことがスマホのマナー違反に繋がるのか、考えてみました。